育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ストレスとうつ病

 

子供を育てると言う事は簡単なことではありませんね。

 

また楽しい事ばかりでもありません。

 

何も分からない子供を一から育てていくのです。

 

子供が一人前になるまでには、様々な壁があると思います。

 

今は核家族が多いので母親一人で育児に奮闘している人が多いと思います。

 

育児をしていれば、ストレスが自然に溜まってくるのも当然の事ではないでしょうか。

 

しかし、育児ストレスを甘く見ていると危険な精神状態に陥る可能性も低いわけではありません。

 

育児ストレスが悪化してうつ病に発展するケースもたくさんあります。

 

子供を保育園に預けて仕事をしているワーキングママの場合は、職場ストレスと育児ストレスの両方が心理的負荷となり、それが原因となってうつ病を発症することもあります。

 

正常な精神状態ではなくなってしまうのがうつ病です。

 

うつ病になってしまうと育児や家事、仕事など普通に出来ていた事が全く出来なくなってしまいます。

 

育児ストレスの発散ができずに一人で育児の悩みや不安を抱え込み、次第に親としての自信がなくなっていくような感覚になってしまう、何もかも嫌になってしまうのが、育児ストレスから来るうつ病の原因ではないでしょうか。

 

同じ状況でも上手く育児ストレスを解消できる人もいれば、育児ストレスの解消が出来ずに溜め込んでしまう人もいます。

 

うつ病にまで育児ストレスが溜まってしまった人は、自分で全ての事をきちんとしなければならない、他に話をする場所も悩みを聞いてもらえる人もいない、毎日孤独と戦っている人だと思います。

 

育児ストレスからうつ病に発展しない為にも、夫は育児に協力してあげることが大切です。

 

夫は妻に気分転換やリフレッシュが出来る時間を与えてあげて下さい。

 

もし、妻がうつ病にでもなれば、仕事、家事、育児を全て夫一人で負担することになります。

 

そうなれば、大変なのは夫自身になります。

 

また育児相談が出来る場所はたくさんあります。

 

多くは無料で利用できますので、母親は一人で悩まずに誰かに話しを聞いてもらって下さい。

 

誰かに相談することで気持ちがスッキリして楽なることがあります。