育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ストレスと夫

 

育児をしている母親は毎日子供の世話と家事、仕事など育児ストレスを解消する暇もなく、頑張っていると思います。

 

育児には、夫の協力も大切な事だと思いますね。

 

夫の協力や育児に関する理解がない場合は、育児だけでなく夫への不満もストレスとなり、育児ノイローゼや産後うつになってしまう母親もいます。

 

育児ストレスを解消するためには、夫に育児や1日の出来事など何でもいいので、話を聞いてもらう事だと思います。

 

人に話しを聞いてもらう行為は、育児ストレスの解消には一番良い方法ですね。

 

夫も仕事などで疲れて帰ってきていることは分かりますが、育児を一生懸命している母親の妻ちも理解してあげることは必要な気遣いだと思います。

 

育児に関しては妻に任せてる場合は、精神面はできるだけサポートしてあげて欲しいと思います。

 

育児ストレスを発散できずに一人で抱え込んだまま、育児ストレスがピークになって、子供が言う事を聞かないなどカッとなった時に母親の気晴らしで子供を叩くようになってしまうケースもあります。

 

初めは母親も悪かったと言う気持ちが大きく反省しますが、育児ストレスの発散方法が見つからずイライラが募ると、ついつい育児ストレスを解消するために子供に手をあげてしまう母親もたくさんいます。

 

育児ストレスが原因で児童虐待にまで発展するケースもあります。

 

夫も家に帰ったらゆっくりして、自分の好きなことに時間を使いたいと思うかもしれません。

 

しかし、母親の立場に立って少し考えてみて下さい。

 

母親も少しでも自分の時間が欲しい、ストレスを発散する場所が欲しいと思っています。

 

子供は2人の子なので、お互い協力するべきだと思います。

 

妻の育児ストレスが溜まることで夫婦仲に亀裂が生じてしまうこともあります。

 

最悪の場合は離婚話しにまで発展することも少なくありません。

 

特に子供が小さくて手がかかる時ほど、夫の協力が必要になります。

 

妻は育児、夫は仕事とお互いに自分の方が大変だと感じていると思います。

 

でもお互いの大変さを比べて不満を募らせても問題は解決しません。

 

お互いに大変で疲れていても育児は待ってくれません。

 

妻は出産をしたら子供のために嫌でもライフスタイルを変えざるを得ません。

 

それなのに夫だけ自分の生活を変えないと、「なんであなただけ今まで通りなの」と妻の不満が募ってしまいます。

 

これでは、妻のストレスが溜まる一方です。

 

子供が産まれたら夫もライフスタイルを変えるべきです。

 

「オレが子供を風呂に入れるよ」などの夫の少しの気遣いや「毎日子育て大変だな。ありがとう。」などの言葉で育児ストレスも一気に減るもんなんですよ。

 

夫が仕事帰りに疲れていても子供の世話や相手をしてくれるだけで、妻にも感謝してもらえます。

 

また、月に1日もしくは半日でもいいので、妻が自由に自分のことができる日をプレゼントしてあげて下さい。

 

夫婦が思い合い協力して育児を楽しんで下さいね。