育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ストレスと専業主婦

 

育児ストレスはどの母親も溜まるものですが、仕事をしている母親より専業主婦の母親の方が育児ストレスが溜まりやすいと言われています。

 

家事や育児は休みがなく、どれほど頑張っても報酬がもらえるわけでもなく、達成感を得ることも出来ません。

 

また、夫や周囲に褒められることもないでしょう。

 

特に出産後に仕事を辞めて初めて専業主婦になった方は、大きく環境が変わります。

 

それまで外で働いていたのが家庭に入り、育児に家事にと毎日追われる生活はとても疲れるので、余計に育児ストレスを感じることが多いと言えるでしょう。

 

専業主婦の人は仕事をしていないのだから楽だという考えの人もいるかもしれませんが、専業主婦の仕事を時給に換算すると外で働く人以上の高額な報酬になるとも言われています。

 

実際に家事代行サービスなどを利用したことがある人なら良く分かると思いますが、決して安い料金ではありません。

 

このような理由から考えると専業主婦は兼業主婦と比べて育児ストレスが溜まりやすいと言えます。

 

仕事をしている母親の場合は、数時間でも子供や育児から離れ自分だけの時間を持つ事が出来ますよね。

 

仕事をしているとは言え、仕事が息抜きにもなっていると言う母親はとても多いです。

 

専業主婦の場合は、基本的に子供が小学校に行くようになるまで、四六時中子供と一緒です。

 

何をするにも子供が一緒でいつも気を使って、気が休まる時間はないといってもいいのではないでしょうか。

 

専業主婦だからこそ育児ストレスは溜まると思いますね。

 

自分だけの時間は母親だけではなく、誰にでも必要な時間ですよね。

 

自分の時間が全くなくてもストレスが溜まらない人は少ないと思います。

 

自分の時間、リラックスできる時間は育児ストレスの解消につながります。

 

専業主婦には、自分だけの時間が全くないので育児ストレスを発散する場所も方法もなく、リラックスできる時間が取れませんよね。

 

夫は「専業主婦だからストレスなんて溜まらないだろ」と言う考えではなく、専業主婦にもリラックス出来る時間をプレゼントしてあげて下さい。

 

専業主婦は人と話すことがどうしても少なくなるため、ただでさえ、育児ストレスが溜まりやすくなります。

 

夫はなるべく早くに帰宅するように心がけ、妻の悩みや愚痴を聞いてあげるようにしてあげて下さい。

 

現在、政府は働き方改革の関連法案で、残業時間の削減を目指そうと取り組んでいるので、平日でも育児に協力できる時間を作ることができると思います。

 

育児ストレスが溜まれば育児ノイローゼに発展するケースもたくさんあります。

 

育児は家族みんなで協力して育児ストレスの溜まらない生活を送って下さいね。