育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ストレスとうるさい泣き声

 

子供を育てれば嫌でも子供の泣き声とは付き合っていかなければなりませんね。

 

赤ちゃんが生まれた瞬間から、親は子供の泣き声と一緒に成長していくのではないでしょうか。

 

しかし、子供のうるさい泣き声は時には育児ストレスの原因になってしまいます。

 

子供が転んだりして泣いた場合など、先に心配の気持ちが沸くので泣き声は気になりませんが、激しく泣き止まない場合は、うるさい泣き声に変わってしまいます。

 

欲しいものを買ってもらえない時など、始めは泣くだけなのが買ってもらえないと分かると子供ももっと泣けば買ってもらえるかもしれないとばかりに大声で泣き出しますよね。

 

うるさい泣き声に負けて仕方なく買うはめになってしまう親もいれば、駄目なものはダメと断固として買わない親もいます。

 

うるさい泣き声は育児ストレスが溜まっている時には、親にとってとても辛い声だと思います。

 

ついついうるさい泣き声にイライラしてカッとなり、怒鳴ったりするケースは多いと思います。

 

育児ストレスがもっと溜まってくれば、うるさい泣き声に我慢できずに叩いたりするケースもあると思います。

 

しかし、子供のわがままで泣いている場合と悪いことを叱られて泣く場合とでは、泣き声の意味も違ってきますよね。

 

駄目な事を叩いて教えることは虐待ではないと思います。

 

時には子供には体罰も必要だと思います。

 

叩かれたら痛い、悪いことをしたから怒られた事を子供なりに理解することは必要な育児だと思います。

 

育児ストレスから来る親のストレス発散だけでの体罰は虐待です。

 

うるさい泣き声は、親と子供の我慢比べだと考え方を少し変えるだけで、育児ストレスも少なくなると思いますよ。