育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ストレスの原因

 

子育てを始めれば育児ストレスを感じるようになると思います。

 

育児ストレスと一口で言っても原因は様々だと思います。

 

育児ストレスは子供の年齢に関係なく、乳児、幼児期など特有のストレスがあります。

 

赤ちゃんの時には夜泣きや母乳育児などがストレスに感じると思います。

 

幼児の頃は、食事やしつけ、トイレトレーニングが大変でストレスに感じると思います。

 

小学生の頃には、友達との関係や学校の勉強、宿題、反抗期、いじめの心配、ゲームのやり過ぎなどがストレスに感じると思います。

 

中学生の頃には、友達、勉強、思春期、反抗期、いじめ、不登校、しつけ、受験、塾などが浮かびますね。

 

子供が一人前になるまでは、様々な育児ストレスを経験して育児に励まなければならないと思います。

 

しかし、育児ストレスは一生続くものではありません。

 

その時は育児に疲れたり悩んだりしているので育児ストレスも大きく感じますが、子供が大きくなれば自然に解消していくのもです。

 

育児ストレスが溜まると怒りの感情をヒートアップさせて、叱りすぎてしまうこともあると思います。

 

1日に何度も子供を怒っている母親も多いと思います。

 

子供を怒ったり、怒鳴ったりすることで罪悪感を抱く母親も少なくないと思います。

 

しばらくは怒らずに我慢していても、発散できないイライラが溜まって再び子供を激しく叱ってしまい、母親はさらに深い罪悪感にかられるといった負のスパイラルに陥ることがあります。

 

もちろん、子供がダメなことをした場合は注意する必要がありますが、あまり子育ての理想が高くなると育児ストレスも溜まりやすくなります。

 

また、母親が神経質になりすぎたり、一人で全てをしなければならないと言う完璧主義の場合は育児ストレスも溜まりやすくなります。

 

良い意味での「大雑把」や「適当」という気持ちを持てるようにする事が、育児ストレスと上手く付き合っていくコツのように思います。

 

感情に任せて子供にイライラをぶつけると、子供のプレッシャーになります。

 

怒りの感情は連鎖しますから、親子関係が悪くなることもあります。

 

イライラした時は心の中で6秒間数えて、一度気持ちを落ち着かせるのが効果的です。

 

良好な親子関係を築くために、母親がアンガ―マネジメントすることが大切だと思います。