育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ストレスとは?

 

育児ストレスとは、子供の世話やしつけなどを負担に感じたり、自分の育て方が間違っているのではないかといった不安にさらされることから来るストレスのことになります。

 

育児にまつわる精神的・肉体的な苦痛や育児書や他人の子供と比較して劣っているのではないかといった不安になることでストレスを感じやすくなります。

 

子供を出産して幸せだと思う反面、赤ちゃんの世話の大変な部分を経験していかなければなりませんね。

 

母親は親になる自覚が妊婦の時から多少は出来るのですが、父親は赤ちゃんが生まれて自分が子育てを手伝い赤ちゃんと接することで、自分の子供だという実感が徐々に湧いてくるという人もたくさんいます。

 

育児に協力的でない父親の場合は、母親に負担がかかりますよね。

 

赤ちゃんの夜泣き、母乳、オムツ、入浴、家事、しつけ、食事の支度など育児をしながらたくさんの事をしていかなければならず、育児ストレスが溜まってくると思います。

 

育児ストレスを無くすことは、母親一人だけでは不可能ですね。

 

ストレスを無くすためには、家族の協力や育児に対する理解が必要になってくると思います。

 

育児ストレスは子育てだけのストレスではなく、育児や家事全般に関わる生活の中から起こるものです。

 

買い物をするという行為も自分一人なら、好きな時間、好きな場所に、誰の事も気にする必要もなく買い物だけに集中できますね。

 

しかし、子供を連れて買い物をしてる時は、子供から目を離すことがないように常に注意を払っていると思います。

 

何か悪いことをしないか、誰かに迷惑がかかることをしていないか、など買い物に行くだけでも想像以上のストレスがかかります。

 

特に専業主婦など常に子供と一緒にいる環境では、ストレスを他に発散する機会が少なく、育児ノイローゼやうつ病に発展しやすい傾向にあります。

 

また、母子家庭や父子家庭などの場合は、仕事と育児、家事などの負担が重くのしかかるので育児ストレスも大きくなります。

 

育児ストレスが溜まるとネグレクト、育児放棄、児童虐待に発展したり、夫婦喧嘩が多くなって離婚などの事態にまで進行してしまう場合もあります。

 

育児ストレスは親の手がかからなくなる頃まで子供が成長すると軽減される傾向にありますが、思春期に起こる反抗期や非行などの問題でぶり返すこともあります。

 

子供を育てる上で育児ストレスは避けることが出来ないため、両親や家族の理解と手助けが必要になります。