育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ノイローゼと赤ちゃんが泣くこと

 

赤ちゃんが生まれれば、生まれた次の瞬間から育児の始まりです。

 

出産後すぐに赤ちゃんにオッパイをくわえさせますね。

 

母親は身体の回復を待つ事無く赤ちゃんとの生活が始まります。

 

この出産後に育児ノイローゼになる母親は、ほとんどと言ってもオーバーではありません。

 

マタニティーブルーは産後の育児ノイローゼと一緒ですね。

 

赤ちゃんの泣き声で母親は時間に関係なく起きてオムツを替え、母乳を飲ませなければいけません。

 

せっかく飲んだ母乳をゲップで全部吐いてしまう事など日常茶飯事の事ですね。

 

中には赤ちゃんが母乳を上手く飲めず、お腹が満たされず泣き止まないこともあります。

 

母乳の出が悪い場合は、母乳の後にミルクを飲ませると思いますが、オッパイを吸う事で疲れてしまいミルクを飲まずに寝てしまう赤ちゃんもいます。

 

赤ちゃんはお腹が空いて、また泣く事になりますね。

 

赤かちゃんの泣く声は、神経をイライラさせる泣き声だそうです。

 

寝不足や疲れ、ホルモンの変化などで疲れている母親には、耐え難い泣き声に聞こえる場合もあると思います。

 

赤ちゃんの要求を全て満たしても泣き止まず、悩んでいる母親もいます。

 

赤ちゃんが泣くのは当たり前という事は、どの母親もわかっています。

 

しかし、赤ちゃんの泣き声で育児ノイローゼになることもあります。

 

イライラして夫に八つ当たりしたり、幻聴が聞こえたり、 夜中に目が覚めたり、寝た気がしないこともあります。

 

オムツを替えたり、授乳をしたり、赤ちゃんを抱っこしても泣き止まないこともあります。

 

赤ちゃんはこちらの都合など関係なく夜泣きをして、ゆっくりと寝ている暇もありません。

 

赤ちゃんが泣く事は赤ちゃんにとっては肺を強くする運動でもあります。

 

母親は疲れるまで、またはお腹が空くまで少し泣かせても全く問題はないですよ。

 

家族は母親が頑張っていることを褒めてあげ感謝し、育児ストレスが少しでも解消できるよう母親との会話を楽しんで下さいね。

 

赤ちゃんが成長することでやがて泣くことも無くなります。

 

赤ちゃんの泣き声を我慢しているとストレスは溜まる一方です。

 

夫や両親などに赤ちゃんの面倒を見てもらって、1時間でもいいので自分の時間を作るようにしましょう。

 

マッサージ店に行ったり、カラオケに行って大声で歌うのもオススメです。

 

どうやって乗り越えたらいいのかわからない時は、育児の電話相談などで話を聞いてもらったり、アドバイスをもらうことで気持ちが楽になりますよ。