育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ノイローゼと専業主婦

 

子育てをしている母親は二つのパターンに分かれますね。

 

仕事と育児の両立をしている母親と、専業主婦の母親に分けることが出来ると思います。

 

育児ノイローゼにかかりやすいのは、仕事と両立している母親より、専業主婦の母親の方が多いそうです。

 

仕事と育児、家事の両立の方が大変そうに思いますよね。

 

でも、「仕事をしている=子供から離れる。」と言う環境は、母親にとっていい意味での気分転換、気持ちの切り替になります。

 

仕事をしている時は、仕事に集中できるので、子育てのイライラなど忘れる事が出来ますね。

 

また、子供と離れることで気持ちの切り替ができるので、仕事が終わり子供に会う時は、育児のイライラなどをリセットできている状態で子供に接することが出来ます。

 

しかし、専業主婦の場合は1日中朝起きて夜寝るまで子供と一緒に過ごすので、育児などのストレスを発散する機会が無く、日々のストレスが溜まりやすくなります。

 

そのストレスを発散する場所も方法もない場合は、育児ノイローゼになってしまうのだと思います。

 

私も専業主婦なので育児ノイローゼの人の気持ちはよくわかるような気がします。

 

自分の時間がなく、いつも子供と一緒で気が休まる時が全くありません。

 

また、夫なども「専業主婦だから働いている主婦より楽だろう」と考えている人もたくさんいると思います。

 

1日子供の世話をして自由になる時間が持てない専業主婦だからこそ、少しの時間でもいいので自由な時間を持てるように家族が子育てを変わってあげる事が大切な事だと思います。