育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ノイローゼと自閉症

 

子供の自閉症が原因となって、育児ノイローゼになることもあります。

 

自閉症の子供の特徴は、言葉の遅れ、同じことを何度も繰り返し言う、乳幼児の時は抱っこされたがらず、少し大きくなっても周りの人と一緒に過ごす事が難しい、同じ動作を繰り返す、一つの遊びだけに没頭する、生活の中のちょっとした違いに不安がったり抵抗するなどになります。

 

もちろん、程度も症状も個人差があるので、これ以外にも様々あります。

 

育児は健常児でも大変ですが、自閉症の子供を育てるということは決して楽なことではありません。

 

そのため、自閉症の子供を持つ母親は、育児のストレスから育児ノイローゼになりやすい傾向にあります。

 

「この年齢ならコレくらいのことは話す事が出来るはずなのに・・・」

 

「もうコレくらいのことは出来て当たり前なのに・・・」

 

このような子供に対しての不安が強くなり、日々ストレスが蓄積されていきます。

 

自閉症の子供を持つ母親でなくても、育児のストレスから育児ノイローゼになる人はたくさんいます。

 

自閉症の子供を持つ母親は自閉症と一生付き合っていかなければならないというプレッシャーや苦労、「どうしてうちの子なの?」と言う気持ち、様々なストレスから育児ノイローゼになってしまう人がたくさんいるそうです。

 

自閉症の場合は、症状がその子供によりかなりの違いがあります。

 

これを気をつければいいというものが決まっていないので、母親自身も自閉症と向き合わなければいけません。

 

自閉症の症状は一般の感覚ではなかなか理解するのに難しいと思います。

 

母親は、子供の考えている事が理解できないという育児の不安やストレス、「自分はこんなに頑張って子育てしているのに・・・」と言うもどかしさなどから、育児ノイローゼになってしまうこともあります。

 

自閉症の子供とコミュニケーションを取ることが難しく、育児が思うようにいかないことも多くあると思います。

 

専門の先生やアドバイザー、同じ障害を持つ仲間とのコミュニケーションを持ち、一人で悩むことをしないように家族や周囲の人の協力も必要です。

 

自閉症児を抱える母親が育児ノイローゼにならないためには、外に出て気分転換することも大切です。

 

外に出ると言っても、車や電車で遠くに出掛けたり、何か特別なことをするわけではありません。

 

お住まいの地域の保健センターに出向いたり、子育ての行事に参加したりすることで、気持のリフレッシュをすることができます。

 

遊具があり、子供を遊ばせることができる公園などで、健常児、障害児に関係なく、幼い頃から子供同士と関わることは子供の成長にも繋がります。

 

母親が、育児ノイローゼやうつ病などにならにようにも、同じ環境の人に助けてもらうことも大切なことです。

 

子育てサークルや自閉症親の会などに参加してみることもオススメです。