育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ノイローゼとストレス

 

育児をしている親御さんは、なんらかのストレスを持っているのではないでしょうか。

 

この育児に関するストレスが溜まってしまうと、自分の心のコントロールができなくなってしまって育児ノイローゼになってしいます。

 

育児中は様々なストレスがあり、放置しておけば育児ノイローゼになってしまう原因になります。

 

心配性の人や神経質な人、内向的な人ほど育児ノイローゼになりやすいそうです。

 

子供の夜泣きも育児のストレスとしいて大きい部分ではないでしょうか?

 

夜泣きは1歳くらいまでの子供に多く、何をしても泣き止まない子供もたくさんいますよね。

 

親御さんも育児の疲れなど取る暇もなく、睡眠不足が続きストレスになってしまいます。

 

また、夫の協力が得られないことで負担が大きくなってストレスになることもあります。

 

育児のストレスだけでなく、夫への不満もストレスになり、育児ノイローゼへと悪化してしまうのです。

 

育児ノイローゼは様々なストレスから起こる神経症です。

 

育児ノイローゼで悩んでいる人は人一倍頑張っている頑張り屋さんでもあります。

 

子供が小さいうちは、自分だけの時間は全くありません。

 

私も今その状況ですね。

 

まさに、四六時中子供と一緒です。

 

小さい子供の育児をしている親御さんにとって、リラックスできる時間など何処にもないといった心境は大げさではありませんよね。

 

自分のストレスを上手く発散したり出来る環境がなく、解消方法も無い場合にストレスが溜まりすぎて、育児ノイローゼになってしまうんですね。

 

育児ノイローゼにならないために、育児ストレスを上手く解消することが大切です。