育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ノイローゼのカウンセラーとは?

 

育児ノイローゼの治療をしようと思ったら、まず初めに心療内科などの専門の先生に相談することですね。

 

育児ノイローゼの治療には、カウンセラーによるカウンセリングがあります。

 

育児ノイローゼのカウンセリングとは、どのような内容なのか知っている人は少ないと思います。

 

カウンセラーが今の家庭環境や育児の悩み事、あなたの心境などの精神状態を分析してアドバイスしてくれます。

 

カウンセラーに話を聞いてもらうことは、家族や友達に相談することとはだいぶ違います。

 

家族や身内などに相談しても、自分の育児の努力に対して認めてくれなかったり、軽く流されることもあります。

 

本当はこうしたいという気持ちが受け入れられないかもしれません。

 

友達に相談する事も、人との会話が出来るという点ではいい事なのですが、友達は育児ノイローゼの専門家ではないので「頑張ってね」という応援する言葉しか言えないのではないでしょうか?

 

人に話を聞いてもらうことで、周りの協力が無いとか、誰々が良くないなど否定的な意見を言われて余計落ち込むこともあるかもしいれませんね。

 

育児ノイローゼになってしまった本人は、人一倍頑張っているはずです。

 

育児ノイローゼになった人は、自分自身頑張っても上手くいかないことを相談すると思います。

 

カウンセラーは育児ノイローゼのプロです。

 

様々な育児ノイローゼの状態の人達の心の支えとなっています。

 

第三者の立場から育児ノイローゼの人の周りの人々や環境を否定することもなく、本人の頑張りを一番に認めてくれる存在になります。

 

カウンセリングを受けると心の中がスッとした気持ちになると思います。

 

じっくりと育児ノイローゼになってしまった経過を聞き、その人の性格を把握し、心の闇を開いて少しずつ解決策を見つけてくれます。

 

育児に対する考え方を変えていけるように、専門的な観点から心理的な働きかけを行うことで症状の軽快をはかります。

 

一緒に育児ノイローゼから脱出する道を歩いてくれる存在と言えます。

 

育児ノイローゼかも知れないと思ったら、カウンセラーに頼ってみるといいでしょう。

 

カウンセラーには臨床心理士と精神科医がいます。

 

臨床心理士は国家資格ではなく医療行為にならないので、保険適応はされません。

 

精神科医は国家資格なので保険適応となります。

 

しかし、患者さん一人当たりのカウンセリング時間が短いので、ゆっくりと話を聞いてほしい時は臨床心理士によるカウンセリングが良いかもしれません。

 

各自治体では臨床心理士によるカウンセリングや相談を受け付けているところもあるので、役所の子育て支援課などで確認してみると良いでしょう。