育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児ノイローゼとは?

 

育児ノイローゼという言葉を知っていますか?

 

言葉は知っているけれど、どんな状態が育児ノイローゼなのかはよくわからないと言った人が多いかもしれません。

 

育児ノイローゼにかかるのは、母親が圧倒的に多いですね。

 

これは毎日子供の世話をしているのが、たいていは母親だと言う事を表しいていると思います。

 

育児ノイローゼとは、簡単に言えば育児に対するストレスですね。

 

育児に完璧を求めすぎでしまったり、育児にこだわり過ぎてしまったり、毎日一人で育児・家事・仕事など全部一人でしなければならない状況で、周りに協力してくれる人がいない場合など、母親の心のバランスが崩れてしまって育児ノイローゼになってしまうのですね。

 

育児ノイローゼは重度になると死を考えるほど、本人にとって辛い精神状態になってしまいます。

 

子育て中の母親なら誰でも育児ノイローゼになる可能性があります。

 

育児ノイローゼには個人差があり、症状が軽いものから重度なものまでありますね。

 

産後の育児ノイローゼの事を「マタニティーブルー」などとも言いますよね。

 

これも育児ノイローゼの一種ですね。

 

育児ノイローゼは心理的なプレッシャーから来る神経症の事を言うのですが、妊娠していた時のホルモンバランスと出産後のホルモンバランスの変化によって、体も精神的にも追いつかない状態が育児ノイローゼの始まりです。

 

母親は出産したら赤ちゃんの世話があることは頭では理解していますが、赤ちゃんの世話は頭で理解していたこと以上に大変で上手くいかないもので、ストレスと身体の回復が追いつかなくて育児ノイローゼになってしまいます。