育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





癇癪(かんしゃく)に関する育児相談

 

子供を育てていれば癇癪で困っているといった育児相談も多いと思います。

 

特に1歳から3歳くらいの子供は、癇癪を起こしやすいのではないでしょうか?

 

小さい子供の癇癪の原因は難しいことではありません。

 

1歳で大人並みに自分の気持ちを言葉に出して伝えることは、とても難しいことですよね。

 

大人でも自分の気持ちを上手く伝えれない時は、イライラしたり怒鳴ったりする場合だってありますよね。

 

それが、まだ小さい子供の場合は癇癪を起こすことで、ストレスを発散しているのだと思います。

 

今まで大人しく遊んでいたのに、いきなり癇癪を起こす、何処でも癇癪を起こすなどといった場合は、癇癪を起こす前に親御さんが少し手伝ってあげるといいと思いますよ。

 

私の下の子供は今2歳で言葉もだいぶ話せるようになりました。

 

しかし、自分の言いたい事が全て表現できるわけではなく、子供が何かを訴えていてもこちらがわからない場合もあります。

 

意思が通じない時は癇癪を起こして、持っていたものを投げるとか、大きな声で怒るなどの態度をとりますね。

 

私は特に気にしませんが、癇癪について相談をしようか迷っている親御さんは、子供の様子を少しいつもより注意深く見ることをしてみて下さい。

 

様子を見ていれば、「あ〜これをしいたいんだ」、「あれは出来ないだろうな」と前もってわかると思います。

 

その時にすぐ手伝うのではなく子供がヘルプを求めて親の方を見たり頼んだり、出来ないなど言い出してから手伝ってあげると癇癪はとても少なくなりますよ。

 

また、外遊びなどで体をたくさん使う遊びは子供のストレス発散になるので、少しでも歩いて散歩に出かけたり、公園に連れて行って走らせたりすることも必要ですね。

 

癇癪を起こすから何でも言う通りにする必要はありません。

 

ダメな事は、どんなに癇癪を起こしても泣きわめいてもダメを貫いて下さいね。

 

ダメな理由を話して子供の気持ちも受け止めてあげることは必要ですね。

 

あまりにも子どもの癇癪が酷い時は、自律神経のバランスが崩れていたり、発達障害が原因かも知れません。

 

手に負えないと判断した時は、病院などに相談するといいでしょう。

 

また、市区町村の児童相談所や育児相談、子供の定期検診で保健師さんに相談するのも良いと思います。