育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





離乳食の育児相談

 

離乳食で気をつけないとけないものがアレルギーですね。

 

アレルギー用の離乳食に関する育児相談の中で多いのが卵アレルギーですね。

 

アレルギーがある場合は、市販のものは食べられないものが多く親御さんも大変ですね。

 

今は市販のお菓子などでもアレルギーに配慮したものが販売されているので、子供が食べられるお菓子は増えたと思います。

 

また、離乳食の育児相談で必ず手作りじゃないといけないと悩んでいる親御さんがいますが、時には手抜き離乳食で構わないと思いますね。

 

市販の離乳食を上手に活用してお母さんの負担にならないように、楽しく離乳食を進めていけばいいと思います。

 

市販の離乳食を食べならす事で外出時の離乳食にも役に立ちますよ。

 

食べる事に興味津々な時期なので食べている時には、「おいしいね〜」と食べる事は楽しい事と教えることも大事ですね。

 

親子一緒に食事をする事が離乳食だけに関わらず食事好きになる秘訣だと思いますね。

 

離乳食は少しだけ作るのも大変手間がかかるといった育児相談がありますが、離乳食は多めに作って冷凍しておく、作り置きがお薦めですね。

 

子供は食べたい時にすぐに欲しい。

 

まだ離乳食を始めた頃の年齢では「待ってね」は、なかなか出来ませんね。

 

冷凍の離乳食ならすぐに調理ができて便利ですよ。

 

離乳食をなかなか食べてくれないといった育児相談も多いと思います。

 

食べないからお菓子などをどうしても与えがちになりませんか?

 

食べなくても様子を見て遊び出したら、「食事の時間は終わり。」とメリハリを付けてお腹が空いていそうでもお菓子を与えるのを止めて、果物にして外遊びなどで気を紛らわします。

 

次の食事の時間には、びっくりするほど食べてくれると思いますよ。

 

離乳食の時期の年齢やその子の好きな堅さ、味付けを工夫するのも大事ですね。