育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





夜泣きに関する育児相談

 

赤ちゃんの夜泣きで悩んでいる親御さんは、とてもたくさんいます。

 

私も赤ちゃんの夜泣きで苦労した経験がありますよ。

 

本当に何をしても泣き止まない時が何日も続くと、睡眠不足がかさなって精神的に参りますね。

 

夜泣きが始まったら確認する事が、オムツを替える、母乳やミルクを飲ませてみる、布団が暑すぎないか寒すぎないか、体調が悪くないかですね。

 

赤ちゃんは昼夜の区別がまだないので、朝夜逆転している場合もありますね。

 

この場合は、半年にもなれば朝起きて夜寝る習慣がついてくると思います。

 

夜泣きに関する育児相談は2歳位までの親御さんが多いそうです。

 

夜泣きもたいていは、2歳を過ぎれば少なくなります。

 

夜泣きが始まったら親御さんは大変ですが、優しく赤ちゃんを抱っこして安心させてあげる事は必要ですね。

 

夜泣きをして興奮している赤ちゃんもお母さんやお父さんの匂いをかいで安心します。

 

また、寝る時は豆球電気などつけておくのもいですね。

 

夜泣きが激しい場合は、一度完全に赤ちゃんを起こしてしまい、おんぶや抱っこをして落ち着かせてあげると、意外にすぐ寝てくれる場合もありますね。

 

夜泣きの育児相談には、親御さんが寝れなくて精神的に苦痛で、どうにかして欲しいと思っている人がほとんどです。

 

赤ちゃんの睡眠は浅いそうなので、昼間に刺激が強かった時などは、夢に見て夜泣きをする場合もあるそうです。

 

赤ちゃんが泣くという行為は何かを要求している場合と、それ以外の場合があります。

 

泣くという行為は肺を鍛える運動になっているんですね。

 

泣く事で赤ちゃんも運動して疲れます。

 

少しは泣かせて疲れさせることも必要だと思いますよ。

 

あとは、夜泣きで育児相談をしている人なら誰でも言われたことがあると思いますが、開き直りも必要ですね。

 

「そのうち夜泣きもなくなるわ」と開き直って夜泣きに付き合ってあげて下さいね。