育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





指しゃぶりに関する育児相談

 

小さい子供でおしゃぶりや指しゃぶりを全くしいない子供は、少ないのではないでしょうか?

 

指しゃぶりかおしゃぶりかの違いだけで、小さい子供のうちは指しゃぶりは、子供自身が安心する為の一つの行為で、無理やりやめさせる必要はないと私は思っています。

 

私も子供の頃に指しゃぶりをしていて、親指に大きなタコができていたそうです。

 

私の下の子供も指しゃぶりをしていますが、指にタコが出来ていますね。

 

でも、指しゃぶりをやめさせようと思った事は一度もありません。

 

育児相談の中には指しゃぶりやおしゃぶりは歯並びが悪くなるので、「止めさせましょう」と言われることが多いと思います。

 

幼児健康診断の時に私も止めさせるよう言われました。

 

しかし、指しゃぶりをしているから歯並びが悪くなる訳ではないと思います。

 

指しゃぶりでも5歳にもなれば自然に指しゃぶりしなくても、安心できるようになるものです。

 

しかし、今まで指しゃぶりをしていなかったのに、急に指しゃぶりを始めた場合は、精神的に寂しいなどの子供の心の変化だと思います。

 

役場の子育て支援など育児相談が出来る場所や保健所など、普段の様子や何か心当たりのあることなど相談する方がいいと思いますね。

 

子供は小さいうちは自分の気持ちなど上手く表現できない場合がほとんどです。

 

何か言いたい事や寂しい事、不安な事などが原因で指しゃぶりが始まるケースもあると思います。

 

この場合は原因をできるだけ取り除き、原因を他の方法でカバーすることで指しゃぶりは自然に直るそうです。