育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





便秘に関する育児相談

 

便秘は大人でも大変な悩みですよね。

 

お腹が張って苦しくて便も何日も出ないと硬くなり、苦しい思いをしなければなりませんよね。

 

便秘は大人だけの病気ではなく、小さい子供でも便秘になります。

 

子供の便秘は親が何日便が出ていないのかは把握できるので、食べ物などで食物繊維の多い料理を作るなどの工夫も出来ますね。

 

赤ちゃんでも便秘にはなります。

 

便秘になる時期は離乳食が始まり出した頃だと思います。

 

赤ちゃんの便秘には果物の汁だけではなく、果肉も食べさせると便が柔らかくなるので便秘改善効果がありますよ。

 

リンゴはやはり万能な果物で摩り下ろしたものを食べさせれば、便の量も増えて便も柔らかくなり、赤ちゃんの便秘には利用しやすい食べ物だと思います。

 

繊維の多い野菜は、離乳食で十分食べさせるのは少し難しいかもしれませんね。

 

母乳をたくさん飲ませるのも便秘には効果があるので、母乳育児をしている親御さんは母乳をたくさん飲ませてみてください。

 

しかし、それでも便秘になる場合がどうしてもあると思います。

 

子供の場合、便秘が続くと急に腹痛を起こしてうずくまる程痛がります。

 

私の上の子供も一度便秘になり、まさか便秘だとは思わなかったので病院に連れて行き、便秘だと言われた経験があります。

 

便秘の時にどうしたらいいのかの育児相談は、やはり小児科の先生や保健所などへ便秘に関する育児相談に行くことをオススメします。

 

小児科では子供用の便秘の薬があり、ほんの1〜2滴を飲ますだけで便秘が改善されます。

 

大人の下剤などのように腹痛になる事もないので、便秘が酷く腹痛を伴う時は専門家に相談するといいと思います。