育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





食事に関する育児相談

 

子供が2歳、3歳になれば、きちんと自分で食事を食べるようになりますよね。

 

でも、食事を出しても手でぐちゃぐちゃにして遊んだり、ボロボロとこぼす方が多かったり。

 

ちょこっと食べては席を立ってウロウロして遊んだりと親御さんの食事に関する悩みは尽きないものですね。

 

そんな食事の育児相談は保健所や役所の子育て相談やドラックストアーなどで食事の育児相談が出来ます。

 

ジャスコやイトーヨーカ堂でも食事に関する育児相談が出来ますね。

 

食事の育児相談は悩みの多い課題だと思います。

 

専門家の栄養士に相談できるので、年齢でどんな食事をだすと食べやすいかとか、遊ぶようなら手で持って食べられる食事の内容のものを増やすといいなど、その家庭の子供にあったアドバイスをしてもらえます。

 

どの栄養士でもやはり子供の食事相談の時に言うアドバイスは、「みんなで食べていますか?」と言う事だそうです。

 

子供だけで食事をさせている家庭より、みんなで食事をしている家庭の子供の方が、きちいんと食事が出来るようですね。

 

食事の時間と遊びの時間は別なものと子供にも区別させることは大事だと思います。

 

家では遊びながら食べているのに、保育園ではきちんと食事が出来ているといった子供も意外に多いそうです。

 

今は学校でも食育習慣などもあり、バランスよく食べることを教えています。

 

親がお手本になって食事の大切さを教えていく事が重要ですね。

 

しかし、遊び食べなどの時期は、遊びながら食感や感触、フォークや箸を使う練習をしながら食べることを覚えている時期ですよね。

 

後片付けは大変ですが、大目に見て上手に食べる練習を見守ってあげて下さい。