育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





出産祝い金とは?

 

出産祝い金とは赤ちゃんの誕生を祝うお祝い金やお祝い品になります。

 

一般的には両親や親戚、友達、会社の同僚など身近な人からもらうことが多いと思います。

 

親からもらう出産祝い金の相場は、3万円から5万円が多いようです。

 

初孫だと10万円以上もらうケースもあります。

 

現金ではなくベビーグッズを買ってもらうパターンも少なくありません。

 

ただし、親との関係が希薄な場合や結婚を反対されて入籍した場合、結婚せずに出産する場合などは出産祝いが無いこともあります。

 

兄弟姉妹の出産祝いの相場金額は1万円から3万円です。

 

ただし、学生などで働いていない場合などは、5,000円程度のようです。

 

親戚やいとこの場合は、3,000円から5,000円の出産祝い金をもらうのが相場のようです。

 

一般的な友達の相場金額は5,000円から1万円になります。

 

1万円では少なすぎるし3万円では多過ぎるといった場合は、2万円ほどもらうこともあります。

 

個人的に親しい同僚の相場金額は、3,000円から5,000円になります。

 

上司の相場金額は1万円から3万円になります。

 

1人500円から1,000円程度出し合い、部署などでまとめてもらえることもあります。

 

現金ではなく商品券でもらえる場合も、相場金額に差はありません。

 

会社の福利厚生や、労働組合で出産祝い金が出ることもあります。

 

会社の福利厚生にもよりますが、平均して1万〜3万円ほどの出産祝い金をもらうことができます。

 

仮に専業主婦であっても夫の会社から支給されることもあります。

 

全ての会社で行っているわけではありませんので、雇用条件などをよく確認してみて下さい。

 

子育て世代を支援している企業も多くあります。

 

ただし、基本的には大企業ばかりになります。

 

【出産祝い金を出す企業の例】

 

・大和ハウス工業

 

従業員本人または配偶者が子どもを出産すると、子ども1人につき100万円の祝い金が支給される「次世代育成一時金制度」があります。

 

・株式会社アキュラホーム

 

1人目の出産時には30万円、2人目は50万円、3人目以降は1人につき100万円の出産祝い金が支給される「しあわせ一時金制度」があります。

 

・コンビ株式会社

 

第1子、第2子は50万円、第3子への出産祝い金は200万円が支給される「次世代育成支援制度」があります。

 

・ヒューリック株式会社

 

第1子10万円、第2子20万円、第3子以降は1人につき100万円の出産祝い金が支給される「次世代育成支援制度」があります。

 

・バンダイナムコホールディングス

 

第2子までは20万円、第3子以降は1人につき200万円の育児支援金が支給される「育児支援制度」があります。

 

・富士フイルムホールディングス

 

第1子5万円、第2子10万円、第3子以降は1人につき100万円の出産祝い金が支給されます。

 

・大和証券グループ

 

3人目以降は1人につき200万円の出産祝い金が支給されます。

 

・アビームコンサルティング

 

3人目以降は1人につき100万円の出産祝い金が支給されます。

 

・ソフトバンクグループ

 

第1子5万円、第2子10万円、第3子100万円、第4子300万円、第5子500万円の出産祝い金が支給されます。

 

例えば、互いに2人の連れ子を持つ男女が結婚し、5人目が生まれても500万円が支給されます。

 

・ジョンソン・エンド・ジョンソン

 

小学校就学前の子を持つ社員に年間30万円が支給されます。

 

・住友重機械工業株式会社

 

出生時30万円、小学校入学時20万円、中・高校入学時10万円が支給されます。

 

普通の企業に勤めている人は、なんだか不公平に感じる人もいるのではないでしょうか?

 

ですが、企業だけでなく一部の自治体でも出産祝い金制度を導入していることがあります。

 

多くの自治体では子育てをする若い世代や、将来の納税者である子供の人口を増やすために、子供が生まれたらお祝い金を支給しています。

 

特に過疎化が深刻となっている地方の自治体では、人口増加のための施策として行われていることがあります。

 

金額は5万円から100万円と幅広く、第1子からもらえる自治体もあれば第2子以降、第3子以降ともらえるなど条件も様々です。

 

また、自治体によっては現金ではなく、自治体で使える商品券での支給の場合もあります。

 

出産祝い金だけでなく、誕生日ごとに1万円支給されたり、保育園への入園が優遇されたり、保育料の割引があったり、チャイルドシートの購入費助成金があるなど独自の施策を行っている自治体もあります。

 

出産祝い金制度を利用するための一般的な条件は以下の通りです。

 

・市区町村に住んでいて、住民票がある方。
・市区町村に新生児の出生を届け出て、養育する方。
・産後も市区町村に定住する意思がある方。
・住民税や健康保険料などを滞納していない方。

 

自治体によっては、「産後〇年以上生活の基盤を置く必要がある」などといった条件があることもあります。

 

第1子や第2子の出産の場合には、出産祝い金がもらえない自治体もあります。

 

出産祝い金制度のある自治体への引っ越しを考えている人は、事前に出産祝い金がもらえる条件を確認しておきましょう。

 

また、出産祝い金制度がある自治体の場合でも、出産した本人が申請をしないと、出産祝い金を受け取ることはできません。

 

子供を生んだら何もせずに出産祝い金を支給する旨の通知ハガキなどが自宅に送付されてくるわけではありません。

 

条件を満たしていれば、役場や役所に行って申請書と必要書類を添えて、窓口に提出します。

 

<必要書類>

 

・届出人の印鑑
・住民票と戸籍謄本(どちらも世帯全員分)
・納税証明書
・振込を希望する銀行口座の通帳の写し

 

出産後1ヶ月から1年以内など申請できる期間が決まっているので、早めに申請するようにしましょう。

 

ちなみに、ほとんどの自治体では産後1年が申請期限となるようです。

 

<申請後に出産祝い金がもらえるまでの流れ>

 

1.出生後14日以内に市区町村へ出生届を提出。
2.出生後1ヶ月から1年以内に出産祝い金の申請する。
3.後日、交付決定の通知書が送られてくる。
4.決定後30日以内に指定口座に振り込まれる。

 

高額の出産祝い金がもらえる自治体では、複数回に分けて支給されることもあります。

 

申請する際には支給時期について確認しておきましょう。

 

<出産祝い金が多い自治体の例>

 

・北海道松前町

 

第1子:20万円
第2子:30万円
第3子以降:50万円

 

・北海道福島町

 

第1子:5万円
第2子:20万円
第3子以降:100万円

 

・北海道北竜町

 

出産1人につき20万円

 

・北海道河西郡中札内村

 

第3子以降:10万円

 

・宮城県稚葉村

 

第1子・第2子:10万円
第3子:50万円
第4子以降:100万円

 

・福島県矢祭町

 

第1子・第2子:10万円
第3子:50万円
第4子:100万円
第5子:150万円

 

・茨城県河内町

 

第2子:50万円
第3子以降:100万円

 

・埼玉県小鹿野町

 

第1子・第2子:5万円
第3子以降:10万円

 

・埼玉県久喜市

 

第3子:5万円
第4子:10万円
第5子:25万円

 

・埼玉県ときがわ町

 

第1子:5万円
第2子:7万円
第3子以降:10万円

 

・東京都練馬区

 

第3子以降:20万円

 

・東京都日の出町

 

出産1回につき3万円

 

・山梨県身延町

 

第1子:5万円
第2子:7万円
第3子:30万円
第3子以降:10万円

 

・山梨県北杜市

 

第2子:5万円
第3子:30万円
第4子以降:50万円

 

・愛媛県伊方町

 

第3子以降:100万円

 

・和歌山県かつらぎ町

 

第3子以降:10万円

 

和歌山県広川町

 

第1子・第2子:5万円
第3子以降:30万円

 

・徳島県阿波市

 

第1子:3万円
第2子:5万円
第3子:10万円
第4子以降:20万円

 

・徳島県つるぎ町

 

第1子:3万円
第2子:5万円
第3子:10万円
第4子:20万円
第5子:30万円
第6子以降:50万円

 

・岡山県高梁市

 

第1子・第2子:2万円
第3子:50万円
第4子以降:100万円

 

・福岡県添田町

 

第1子・第2子:5万円
第3子:20万円
第4子:50万円

 

・熊本県産山村

 

第1子:20万円
第2子:30万円
第3子以降:月1万円×5年間

 

・鹿児島県いちき串木野市

 

第1子:2万円
第2子:3万円
第3子以降:10万円

 

・鹿児島大和村

 

第1子:20万円
第2子:30万円
第3子以降:50万円

 

双子の場合、出産回数は1回でも、子供の数は2人なので、第1子・第2子と判断されます。