育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児休業対象児出生届とは?

 

女性の場合、産後休業を終了した次の日から原則として子供が満1歳になるまでの期間、育児休業を取得できますね。

 

育児休業を開始したいと考えている日の1ヶ月前までに、育児休業を希望する期間等を明記し、育児休業届けを提出しなければなりません。

 

前もって会社や上司・同僚などと話し合いをしておくと育児休業にスムーズに移行できますよね。

 

育児休業対象児出生届とは、産休に入る前に会社に産休届けと育休届けを出していた場合で、出産予定日と実際の出産日が違った場合に提出します。

 

出産予定日に出産するとは限りませんよね。

 

出産予定日は人それぞれで、予定日より早い人も遅い人もいます。

 

育児休業対象児出生届を会社に提出することで、育児休業期間の変更が出来ます。

 

会社の総務部や人事課に「育児休業対象児出生届」という書類があると思います。

 

無い場合は、以下よりダウンロードして下さい。

 

育児休業対象児出生届(PDF)

 

育児休業対象児出生届は子供が産まれてから、2週間以内に会社に提出してくださいね。

 

育児休業対象児出生届の提出については会社の就業規則の育児休業規程などに明確に書かれていると思います。

 

育児休業を取得する前に、一通り目を通しておくと良いでしょう。