育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児の悩みと食事

 

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月になると離乳食が始まりますよね。

 

個人差もありますが、赤ちゃんのヨダレが多くなってきたり、首・腰が座っていたり、大人の食事に興味を持ちだしたら離乳食スタートですね。

 

離乳食をなかなか食べてもらえないと言った悩みもよく聞きますね。

 

離乳食は食事を与えていくタイミングが大切ですね。

 

離乳食は野菜スープなどから始めていき、段階をおって徐々に粒状のものにしていきますよね。

 

離乳食は食べていたのに普通の食事に変えたら食べなくなったという話もよく耳にします。

 

子供の食事の悩みは大抵の場合、食事をさせる前に問題があるように思います。

 

・食事までの間にお腹が空いてお菓子を食べている場合。

 

・ジュースなど甘い飲み物ばかり飲んでいる場合。

 

・子供に食事を与える時に一人で食べさせている場合。

 

・他のことが気になって食事どころじゃない場合。

 

これらの中に何かあてはまることがあるのではないでしょうか?

 

少ししか食事をしなかったからといって、食事の変わりにお菓子を与えるのは間違いですね。

 

これではまた食事の時間に食べなくなってしまいますね。

 

また、食事中遊びながら食べて食事が進まないと言った場合は、子供が遊び出したら「ご馳走様」と言って片付けてしまいましょう。

 

その後、子供がお腹が空いて食事をせがむと思いますが、外に連れて行って遊んだり、おやつとしてお菓子ではなく果物や焼き芋などをあげるのがいいと思いますね。

 

お菓子の場合は、量を決めて少しだけあげるようにして下さいね。

 

また、子供に食事をさせる時は家族みんなで食事をするのが一番です。

 

子供も一緒に食事をすることで食欲が増します。

 

親御さんが美味しそうに食べている姿を子供に見せるのは、とても大事なことだと思います。

 

親が何でも美味しく食べている姿を子供は見て真似して食べます。

 

結果、好き嫌いなく食べれる子供に育てることが出来ると思いますよ。