育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





母乳育児と二人目

 

母乳育児で一人目を育てているお母さんが二人目を妊娠する人はたくさんいます。

 

一人目を授乳中に二人目を妊娠した場合、徐々に卒乳していかなければなりませんね。

 

何故なら赤ちゃんが乳首を吸うことによってオキシトシンというホルモンが分泌されて、このホルモンが子宮の収縮を促す働きがあるので、早産や流産の危険があるかもしれないからです。

 

ちなみに、妊娠中の授乳で早産や流産になるといった統計データなどは発表されていません。

 

ただし、妊娠中に授乳するとお腹が痛くなったり、張りを感じることがあるので注意が必要です。

 

また、妊娠中に母乳を与えると母乳の栄養も無くなってきます。

 

二人目の赤ちゃんの栄養と自分の栄養を摂るのも大変になりますね。

 

でも、一人目がおっぱい大好きで卒乳できずに悩んでいる母親も多いと思います。

 

妊婦健診を受けて妊娠中に授乳しても問題がなければ卒乳や断乳は必要ない場合もあります。

 

順調に妊娠が進んでいて、二人目が産まれるまで授乳をし、産後は2人同時に母乳を与えるというママもいるそうです。

 

なので、一度産婦人科の先生に相談してみるといいでしょう。

 

先生に卒乳するように言われたら、指示に従いましょう。

 

この時、一人目が0〜1歳未満の場合は、突然卒乳してしまうと赤ちゃんが混乱することもあります。

 

そのため、授乳回数を減らしたり、搾乳した母乳をあげるなどしましょう。

 

上手くいかない場合は、産婦人科でミルクへの切り替え方法を聞いてみるといいでしょう。

 

一人目が1歳以降になるとある程度簡単な言葉で意思の疎通ができると思うので、話し合いながら「これでおしまいね」と言って卒乳を意識させましょう。

 

無理に卒乳すると子供が不安になるので、1回の授乳時間を短くしたり回数を減らすなどして、少しずつ授乳しないようにしましょう。

 

すぐに卒乳できる子もいれば、ギャン泣きして手こずることもあります。

 

あっさり卒乳ができなかった場合でも焦らずゆったりした気持ちで進めましょう。

 

この頃になると離乳食を食べていると思うので、卒乳しても栄養不足になることはありません。

 

出産後は初乳という免疫力や栄養の高い母乳が出ますよね。

 

出産するまで一人目の母乳育児をしていても、出産すればちゃんと初乳が出ますので心配要りませんよ。

 

二人目の子供を母乳で育てるかミルクで育てるか悩んでいるママも多いと思います。

 

ある調査によると「第1子、第2子共に完全母乳育児ではなかった」というのが最も多く、それに続いて「第1子も第2子も完全母乳育児」、「第2子のみ完全母乳育児」、「第1子のみ完全母乳育児」となっています。

 

二人目の育児がどのような授乳スタイルになるかは、母乳の出る量や赤ちゃんがミルクを嫌がる場合、ミルク代などの経済的なこと、ミルクは面倒、産院の母乳指導の有無、1人目の時の職場復帰の有無など様々な環境によって違ってきます。

 

ですが、多くの母親は第1子と第2子で授乳スタイルは変わらないようです。

 

母乳の出と赤ちゃんの食欲、ミルクの好き嫌いなどが完全母乳育児か否かの分かれ道になるようです。

 

それぞれの体調やライフスタイルに合わせて授乳スタイルを決めれば良いと思います。

 

ちなみに、一人目よりも二人目の方が母乳の出は良くなると思います。

 

ただし、二人目までの出産が4年以上空いて年齢が上がって疲れやすくなったり、上の子の世話が大変でミルクを飲ますことが多くなったりすると母乳の出が悪くなることもあります。