育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





母乳育児成功のための10カ条とは?

 

母乳育児をしている母親で「母乳育児成功のための10カ条」は知っていますか?

 

「母乳育児成功のための10カ条」とは、母乳育児に悩んでいる母親が順調に母乳育児が出来るようになるためにユニセフとWHOが1989年に共同宣言したものです。

 

<母乳育児成功のための10ヵ条>

 

1.母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること。

 

2.全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること。

 

3.全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法をよく知らせること。

 

4.母親が分娩後、30分以内に母乳を飲ませられるように援助すること。

 

5.母親に授乳の指導を十分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても母乳の分泌を維持する方法を教えること。

 

6.医学的な必要がないのに母乳以外のもの、水分、糖水、人工乳を与えないこと。

 

7.母子同室にする。赤ちゃんと母親が一日中24時間、一緒にいられるようにすること。

 

8.赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるままの授乳を進めること。

 

9.母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと。

 

10.母乳育児のための支援グループ作りを援助し、退院する母親に、このようなグループを紹介すること。

 

日本母乳の会のHPより引用

 

この10カ条には、それぞれ科学的根拠があります。

 

残念ながら、現在の日本では、この10カ条を全てクリアしている産院や助産院はほとんどありません。

 

そのため、母乳が出ないとか、赤ちゃんに上手く飲ませられない、ということで悩む母親が多いのは当然と言えるかもしれませんね。

 

母乳育児は誰にでも出来る素晴らしい育児方法の一つです。

 

しかし、母乳育児が上手くいかず、母乳をあげることを断念してしまう母親もたくさんいますよね。

 

世界中で母乳育児は子供にとって、とても良い育児方法だと認めています。

 

日本では母乳育児を中心に行っている産院や助産院がまだまだ少ないように思いますね。

 

母乳育児を成功させるためには産院でのアドバイスがとても重要です。

 

私が出産した産院は母乳育児推進の病院だったので、ミルクが置いてありませんでした。

 

退院する頃にはみんな母乳が出るようになっていましたね。

 

病院のスタッフに母乳育児の万全な知識があれば、出産した母親に母乳育児の大切さを話すことができたり、指導ができますよね。

 

母乳育児を成功させるためには1回でも多く母親のオッパイを赤ちゃんが吸う事が一番の方法です。

 

赤ちゃんが泣いてオッパイを欲しがったら、欲しいだけオッパイを与えましょう。

 

母親も母乳を出すホルモンと精神が安定するホルモンが分泌され、母乳育児にもゆとりが出てくるようになりますよ。

 

赤ちゃんとお母さんにやさしい 母乳育児支援ガイド アドバンス・コース「母乳育児成功のための10ヵ条」の推進』という本も出版されているので、興味があれば読んで下さいね。

 

現在、妊娠中で母乳育児で育てたいと思っている方は、できるだけ「母乳育児成功のための10カ条」に取り組んでいる産科施設を選ぶといいでしょう。

 

ちなみに、BFHの施設では「母乳育児を成功させるための10カ条」を実践しています。

 

BFHとは、「Baby Friendly Hospital」といって、 WHOとユニセフが母乳育児の保護、促進、そして支援するための産科施設として認定している産院です。

 

BFH認定施設所在地(日本母乳の会)

 

BFHの施設では、約7割のママが適切なケアが実践されれば母乳だけで育てることができるようです。

 

残りのママもやる気と施設のケアで1ヶ月検診では98〜100%の人が完全母乳育児になるそうです。

 

母乳育児が上手くいくかどうかはママのやる気や体質のせいだけでなくて、施設の母乳育児に対する考え方やスタッフの教育、取り組む姿勢など様々な要因がからんでいると言えます。