育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





母乳育児とアルコール

 

赤ちゃんを出産したお母さんは、赤ちゃんの世話や家事など仕事がたくさんありますよね。

 

育児や家事でストレスも溜まると思います。

 

ストレス解消のためにビールなどのお酒を飲むママもいますよね。

 

しかし、母乳育児中のアルコールは絶対に止めた方がいいでしょう。

 

母乳にアルコールが含まれると言う事を知っていますか?

 

母乳は血液によって作られます。

 

ママの血中アルコール濃度とほぼ同じ濃度の母乳を赤ちゃんが飲むことになります。

 

母乳に含まれたアルコールは醗酵して乳腺に溜まります。

 

お母さん自体は時間が経てばアルコールは抜けますが、赤ちゃんが飲む母乳の中のアルコールはそのまま残ってしまうのです。

 

当然、母乳の質も悪くなり、味も美味しくありません。

 

赤ちゃんにアルコールを飲ませているようなものです。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、消化器官や肝臓機能などが未熟ですよね。

 

成人した人でも肝臓の弱い人やアルコールに弱い人がいます。

 

アルコールが含まれている母乳を赤ちゃんが飲むとどうなると思いますか?

 

赤ちゃんはアルコール中毒や発育障害、学習障害、運動障害など発症してしまうケースもあります。

 

また、授乳中にお酒を飲むと、母乳を作る働きをするオキシトシンというホルモンの分泌量が減ってしまうと言われてます。

 

母乳を作っているホルモンが分泌されにくくなるので、母乳の量も減ってしまい母乳不足につながることが考えられます。

 

母乳育児は一生続くわけではありませんよね。

 

母乳育児をしている間はお酒を飲まないようにしましょう。

 

どうしても飲みたい場合は、ノンアルコールビールなどにしましょう。

 

ただし、ノンアルコールビールの中には1%未満ではありますが、アルコールが含まれているものもあります。

 

表記をしっかり確認してから飲むようにしましょう。

 

授乳時間の間が3時間以上空いている場合は、コップ1杯程度のビールならアルコールも体から抜けるとは思いますが、アルコールが体から抜ける時間も人それぞれです。

 

アルコールが抜けるのが早い人もいれば遅い人もいますよね。

 

母乳育児にとってアルコールはオススメできる飲み物ではないと言う事は確かです。

 

アメリカの研究では、缶ビール1本、ワイン1杯程度の量は、2時間半ほどで血中のアルコール濃度がゼロになると言われています。

 

しかし、日本人を含む黄色人種は、白人や黒人などと比べてアルコール分解酵素が少ないので2時間半以上はかかると言われています。

 

また、ホルモンや体格などの違いにより、男性より女性のほうがアルコールを分解しにくいとも言われています。

 

母乳育児中の飲酒は避けたほうが安心です。

 

もし、お酒を飲んでしまった時は、最低でも3時間後になるまで母乳を与えないで下さい。