育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





母乳育児と産後ダイエット

 

母親は妊娠してから出産するまで体重が増えますよね。

 

これはごく自然なことですが、出産後体重が増えすぎた場合はすぐに産後ダイエットをしていかないと、なかなか体重を元に戻す事が難しくなりますね。

 

産後6ヶ月以降になると体重が落ちにくくなると言われています。

 

しかし、産後は赤ちゃんの世話が大変で、ダイエットしている時間も体力もないと思います。

 

母乳育児の場合は母乳をあげること自体が、産後ダイエットだという事を知っていましたか?

 

母乳をあげると言う行為はお母さんもエネルギーを使います。

 

個人差もありますが、母乳育児中は1日に約500kcalほど消費すると言われています。

 

これはプールで1時間平泳ぎした場合の消費カロリーとほぼ同じです。

 

そのため、母乳育児をすることで産後ダイエット効果が期待できるんですね。

 

また、ホルモンも活発になるので、母乳をあげていくと自然に元の体重に戻ります。

 

母乳育児は赤ちゃんの栄養面だけではなく、お母さんにも嬉しいことなんですね。

 

混合育児の場合、母乳で消費できるカロリーは完全母乳育児よりは少なくなります。

 

その分、産後ダイエット効果はあり期待できません。

 

赤ちゃんを出産すれば誰でも母乳が出ます。

 

初めの母乳の量に個人差はありますが、必ず母乳は出るものです。

 

お母さんが頑張って何度も赤ちゃんにオッパイを吸わせれば吸わせるほど、母乳を作るプロラクチンというホルモンが作られていきます。

 

ご飯をしっかりと食べて母乳を出し、赤ちゃんとのスキンシップもたくさん取れます。

 

産後はお母さんは赤ちゃんの世話や家事などで大変です。

 

母乳育児はお母さんの仕事が増えず、ダイエットできるとっておきの産後ダイエット方法だと思いますね。

 

母乳の出がよく産後ダイエットの効果を期待するなら、完全母乳育児を選ぶといいでしょう。

 

私も産前に比べて体重が増えてしまいましたが、母乳をあげていたので知らない間に元の体重に戻っていました。

 

ただし、授乳中はかなりお腹が空くと思うので、食事内容にも気をつける必要があります。

 

母乳をあげているから何を食べても太らないというわけではありませんね。

 

ストレス解消のために、ついつい食べすぎてカロリーオーバーになることだってあります。

 

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っていると痩せないのは当然ですよね。

 

塩分や脂肪分の多い食事は避けて、和食中心の食事にしましょう。

 

食物繊維は代謝をアップさせるのでダイエット効果が期待できます。

 

ただし、完全母乳育児だからといって、必ず体重が落ちるとは限りません。

 

もちろん、なかなか痩せない人もいます。

 

ママの体質や赤ちゃんの母乳を飲む量なども大きく関係しているため、効果には個人差があります。

 

母乳育児の場合は、体重が減らないからといって、無理な食事制限をするとママの体に影響が出たり、母乳中の栄養が少なくなって赤ちゃんの発育に問題が起こることもあるので注意が必要です。

 

産後、母乳育児でも体重が落ちにくい場合は、骨盤の歪みを整えたり、産褥体操などで筋肉量を増やしたりしましょう。

 

あまりダイエットのことばかり気にするとストレスが溜まってしまうので、まずは育児を楽しむことを心がけて下さいね。