育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児の悩みと卒乳

 

母乳育児をしている親御さんの育児の悩みと言えば卒乳ですね。

 

卒乳にするか断乳にするかで悩んでいる親御さんはたくさんいます。

 

卒乳と断乳の違いは子供が必要なくなるまで、母乳をあげるかあげないかの違いですね。

 

検診などにいくと断乳や卒乳をしないと歯並びが悪くなるとか注意されて、不安に思う親御さんもいると思いますが、決して母乳をあげているから歯並びが悪くなるわけではないと思います。

 

おしゃぶりも同じですよね。

 

私の子供はおしゃぶりはしませんが指を吸っています。

 

しかし、止めさせようと考えた事は一度もありませんね。

 

卒乳も人によって考え方は様々ですが、子供の年齢が上がってくるにつれて母乳の回数はグッと減ってきます。

 

食事も取るようになり、母乳が必要なくなる時期がくるので、無理に止めさせる事はしなくてもいいのではないかと思っています。

 

母乳を飲む行為は年齢とともに意味が違ってきますよね。

 

お腹が空いて母乳を飲むというよりは、安心する為に子供はオッパイを飲むと言った感じではないでしょうか?

 

ある程度、年齢が来たら卒乳することを話して、子供が納得できる場合もたくさんあります。

 

授乳中に次に子供を妊娠した場合は母乳の味も変わってくるので、卒乳する場合もありますね。

 

オッパイにバイバイしようと約束をさせる場合もありますね。

 

何をしても卒乳できないで悩んでいる場合は、卒乳の育児の悩みよりも、子供とのスキンシップの方が問題な場合もあるそうです。

 

子供の相手をする時間や抱っこなど、子供がして欲しい事を他のことが忙しくて出来ていない場合ですね。

 

卒乳は子供の自立にも繋がります。

 

オッパイがなくても安心できる愛情をいっぱい与えてあげて下さいね。