育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





母乳育児と乳腺炎

 

母乳育児を始めた母親で乳腺炎にかかる人はたくさんいます。

 

特に初めて出産した人は乳腺炎にかかりやすいですね。

 

乳腺炎には二種類あります。

 

手などに細菌がついている状態で乳首から細菌が入って感染する「急性化膿性乳腺炎」と乳腺が詰まってしまう「うったい性乳腺炎」です。

 

オッパイをあげる時には、いつも手と乳首を清潔にするように言われると思います。

 

これは急性化膿性乳腺炎を予防するためなんですね。

 

母乳育児を始めたばかりのオッパイはまだ乳腺が完全に開いていません。

 

初めは赤ちゃんの吸う力も弱く母乳が残ってしまうんですね。

 

この残りの母乳が乳管を詰まらせて、うったい性乳腺炎になる原因になってしまいます。

 

母乳育児の場合は、赤ちゃんが飲み残した母乳は搾乳して捨てる事が大切ですね。

 

うったい性乳腺炎の場合は、ママの食事を見直して、おいしいオッパイを出すための食事を心がけることで乳腺の詰まりも解消されますよ。

 

油っこい食べ物や脂肪の多い食べ物などは乳腺が詰まる原因になる食べ物ですね。

 

乳腺炎にならない為には和食を中心とした食事を摂るのが一番の方法ですね。

 

乳腺炎になってしまったのにオッパイをいじるのは余計乳腺炎を悪化させることになります。

 

よく乳腺炎になったら「乳腺をアイスノンなどで冷やして1日は母乳をあげることを中止してください。」と言われると思いますが、キンキンに冷やすのは母乳の出を悪くさせ母乳が止まってしまいます。

 

せっかく母乳育児で頑張っているのに逆効果ですね。

 

母乳はたくさん出ている状態なのですから、うったい性乳腺炎の場合は、専門家にオッパイをマッサージして絞ってもらい乳腺を開く事が大事ですよ。