育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





2ヶ月までの母乳育児

 

出産後、母乳育児にもだいぶ慣れてくる頃が産後2ヶ月からだと思います。

 

赤ちゃんも母乳の飲み方も上手くなってくる時期ですね。

 

生後2ヶ月頃になると授乳間隔は3〜4時間おきが目安となるでしょう。

 

ただし、母乳はミルクに比べて消化が良いので、この目安よりも間隔が狭くなることがあります。

 

1ヶ月までは母乳を飲んでは寝るの繰り返しの赤ちゃんも、2ヶ月を過ぎる頃になると目を開けている時間もだいぶ多くなってくると思います。

 

睡眠時間も昼間に起きている時間が長くなり、夜寝る時間が増えるようになる赤ちゃんもいますね。

 

しかし、母乳育児の場合は夜中の授乳があるので、ミルク育児の赤ちゃんのように夜中から朝方まで寝てくれると言う事は少ないかもしれませんね。

 

2ヶ月くらいの赤ちゃんは、まとまった時間寝ることはほとんどないと思います。

 

睡眠が足りないといったことはありませんので、何も心配することはありませんよ。

 

母乳育児のみで頑張ってきた母親は、完全母乳になってくる時期でもありますね。

 

母乳を吸わせる回数が少ない母親は、その分ミルク育児との混合育児になってしまうので、2ヶ月でも母乳が思うように出ない人もたくさんいます。

 

母乳より哺乳瓶の方が吸いやすく、赤ちゃんも楽にミルクを飲む事が出来ますよね。

 

母乳を嫌がるようになってしまうのも母乳育児の悩みに繋がってきます。

 

生後2ヶ月ならまだ完全母乳育児ができる時期です。

 

いきなり母乳だけにするのは出来ませんが、オッパイを吸わす回数を増やしてミルクの量を減らしていけば母乳が徐々に起動に乗り始めますよ。

 

赤ちゃんがミルクの方が楽に飲めてお腹もいっぱいになるので、母乳を嫌がって泣くかもしれませんが、そこは少し辛抱です。

 

母乳育児の成功にはパパや家族の協力も大きく影響してきます。

 

ママが体調不良になってしまうと、赤ちゃんに母乳を与えることができなくなりますね。

 

授乳後はパパに赤ちゃんの面倒を見てもらったりして、身体を休ませるようにしましょう。

 

手伝えることは家族に協力してもらい、ストレスなく母乳育児に専念できる時間を作って下さい。