育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





赤ちゃんが母乳を飲まない理由

 

母乳で赤ちゃんを育てている母親の中には、赤ちゃんが母乳を飲まなくて悩んでいる人もたくさんいます。

 

赤ちゃんが母乳を飲まない理由はたくさんあると思います。

 

例えば母親の母乳の出が悪い場合、乳首に問題がある場合、母乳とミルクの混合育児をしている場合、母乳が出すぎる場合、母乳の味が悪い場合など色々と原因があります。

 

母乳育児で頑張っている、母乳育児で頑張っていきたいと思っているのなら、一つずつ原因を探してみましょう。

 

母乳で体重も増えているようなら、初めの母乳の出が良すぎる可能性が高いですね。

 

飲む前に少し母親が絞って飲みやすくしてあげるといいと思います。

 

ミルクとの混合の場合はミルクの方が簡単に飲めるので、楽に飲める方を催促しているのだと思います。

 

乳首が切れていたり、陥没して吸えない場合なども母乳を飲まない理由の一つですね。

 

このような場合は、助産師や産婦人科の母乳育児教室などで、乳首のマッサージをしてもらうといいでしょう。

 

扁平乳頭や陥没乳頭の場合は、思うようにつまめず乳首のマッサージができないと思います。

 

そういった場合は、乳頭を吸い出す「乳頭吸引器」という市販のグッズがあるので使って下さい。

 

 

根気よくやると乳頭が長くなり吸いやすくなります。

 

それでもダメでな時は助産師さんに相談してみましょう。

 

また、母乳育児は母親の食事も大切ですね。

 

食べたものは母乳に代わることを忘れないようにしなければなりませんね。

 

食べ物で母乳の味はずいぶん違ってきます。

 

高カロリー、高脂肪、乳製品などは母乳の味が落ちます。

 

自分で舐めてみるとよくわかりますよ。

 

また、偏った食事をすると乳腺が詰まっていて飲みにくくなることもありますよ。

 

赤ちゃんに母乳をあげている時は、甘いものや脂っこいものを控えるようにして下さい。

 

母乳に良い食事は和食中心の食事です。

 

ご飯、魚、味噌汁、納豆、根菜類、煮物、酢の物などを中心としたメニューを心がけるようにしましょう。

 

特に青菜は美味しい母乳を作ってくれます。

 

青汁や乳質を良くするたんぽぽ茶もオススメですよ。