育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





母乳育児とミルク育児の違い

 

赤ちゃんを母乳で育てたいママも多いと思いますが、母乳の出が悪い人もいますね。

 

その場合はミルクで育てたり、母乳とミルクの混合で育てることになります。

 

ですが、どれも赤ちゃんへの愛情は同じですね。

 

どれが正しくて間違いということはありません。

 

母乳の出具合やママの体調、家庭環境などにより、自由に選択しても大丈夫です。

 

母乳育児とミルク育児には、それぞれメリット・デメリットがあります。

 

<母乳育児の主なメリット>

 

・消化が良くカルシウムやタンパク質、ミネラルが豊富で栄養バランスが良い。

 

・免疫力を向上させアレルギーなどの病気の発症を軽減する。

 

・母親と肌と肌が密着できるので、赤ちゃんに安心感を与えられる。

 

・吸う力が強化され、あごの発達を促す。

 

・子宮収縮を促し、産後の回復が早くなる。

 

・ミルク代がかからない。

 

・ミルクを作る手間がかからない。

 

・乳がん、卵巣がん、子宮がんなどを予防できる。

 

・授乳期間中は、脂肪が消費されて産後ダイエットが期待できる。

 

・プロラクチンが分泌され、赤ちゃんとの愛着形成が進む。

 

・夜間の授乳が楽。

 

・夜泣きの時でもすぐに授乳できる。

 

<母乳育児の主なデメリット>

 

・赤ちゃんが飲んでいる量がわからない。

 

・母乳の量が少ないと赤ちゃんの体重が増えない。

 

・腹持ちが悪く授乳間隔が短くなるので、ママが休めない。

 

・人に長時間預けられない。

 

・乳腺が詰まるなどのおっぱいトラブルが起きることがある。

 

・ママが摂取する食べ物や飲み物に気を使わないといけない。

 

・ビタミンDが不足しがちになって、ビタミンD欠乏症になることがある。

 

・ビタミンKが不足しがちになって、ビタミンK欠乏性になることがある。

 

・赤ちゃんが哺乳瓶に慣れていないので、哺乳瓶を嫌がることがある。

 

・外出時は授乳室などがないと授乳しずらい。

 

・ママのお腹が空きやすくなる。

 

<ミルク育児の主なメリット>

 

・赤ちゃんがどれだけミルクを飲んだのかわかりやすい。

 

・ミルクは消化が悪いので腹持ちが良い。

 

・ミルクを飲んだ後によく寝てくれる。

 

・パパや他の家族、友達など誰でも授乳できる。

 

・パパとママが授乳を分担できる。

 

・場所に関係なく授乳できるので外出しやすい。

 

・ミルクはビタミンKが豊富。

 

・ママの食べ物や飲み物が制限されない。

 

・母乳育児にこだわる必要が無いので、ママのストレスを軽減できる。

 

<ミルク育児の主なデメリット>

 

・ミルク代がかかる。

 

・外出する時に荷物が多くなる。

 

・ミルクを作る手間がかかる。

 

・赤ちゃんに免疫がつきにくい。

 

・子宮の戻りが遅くなる。

 

このように母乳育児とミルク育児にはメリット・デメリットがありますので、どちらが良くてどちらが悪いとは一概には言えません。

 

母乳育児で育てたいというママは、基本的に母乳を与えながら、必要に応じてミルクを足す混合育児にするといいでしょう。

 

母乳がスムーズに出るのであれば、完全母乳育児に移行してもいいですし、母乳の出が悪いようであれば完全ミルク育児でも問題ありません。

 

ママが仕事に復帰して母乳をあげるのが難しい場合や、完全ミルクに切り替えたい場合は、ミルクを基本にして母乳を足していくやり方がオススメです。

 

そうすれば、自然に母乳の分泌が減少していき、乳腺炎などのトラブルも起こりにくくなります。

 

ただし、完全母乳育児からミルク育児に切り替えたい場合、多少時間がかかるものです。

 

ちなみに、WHOでは、生後6ヶ月までは完全母乳育児を勧めています。

 

母乳の中にはママの免疫が含まれますが、生後6ヶ月を過ぎると免疫はなくなっていきます。

 

その後は、赤ちゃんが自分で免疫を作ろうとします。

 

離乳期に入った子供が風邪を引きやすくなるのはそのためで、ミルクで育ったから体が弱くなるとか、病気になりやすいということはないでしょう。

 

また、母乳はママの食べるもので成分が変わりますし、必ずしも母乳育児がミルクよりも良いとは言い切れません。

 

母乳はママの食事や体調に左右され赤ちゃんの栄養にも影響しますが、ミルクの場合は一定の栄養の授乳が可能です。

 

ママの体を休めることもでき、母子共に元気に過ごせることができますね。

 

母乳とミルクの混合で育てる場合は、完全ミルク育児の場合のメリットとデメリットの両方を兼ね備えています。

 

ただし、両方の良いとこ取りができるので、メリットの方が大きいと思います。

 

例えば、夜や外出時には母乳にし、人に預ける時はミルクにすると楽ですよね。

 

また、子宮の回復も遅れ過ぎず、赤ちゃんはママの免疫も摂取できるというメリットもあります。

 

母乳育児にこだわり過ぎないで、ストレスを溜めないようにして下さいね。

 

個人の考え方や家庭環境によって様々な事情があるので、ママと赤ちゃんにとってベストな方法を探していきましょう。