育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児の悩みと落ち着きが無い子

 

子供を育てている親御さんの中には、落ち着きが無い子の扱いに困っている人もたくさんいます。

 

男の子だから落ち着きが無い子が多いわけでも、女の子だから大人しいわけでもありません。

 

落ち着きが無い子は、どこかに出かけたり大人しくしていなければならない場所でも、おかまいなしに走り回ったり、ウロウロとどこかに行ってしまう事があります。

 

落ち着きが無い子は他の大人しい子供に比べて、なんにでも興味があり、人と話したり聞いたりする事が大好きで、とにかく自分で何でも挑戦してみたい行動力の多い子供だと思います。

 

手がかからない子供に比べると育児の世話も大変ですね。

 

・買い物に行っても興味があるものを見つけると行ってしまい迷子になる。

 

・幼稚園や小学校でもジッと座っていられない。

 

・何か指示されると逆な事をしたり、わがままを言い出す。

 

・みんなと同じ行動が出来ない。

 

このような行動で悩んでいる親御さんや学校の先生も多く、どうすればいいのかわからない方も多いと思います。

 

気持ちのコントロールが上手く出来ない子供の中には、自分の緊張や不安を表現する事が苦手で、行動で意思表現をする子供も意外にたくさんいるそうです。

 

落ち着きが無い子は、親御さんとのスキンシップをたくさん取るようにして下さい。

 

口であれこれ指示したり、厳しく注意したり叱る前に子供の気持ちを考えて親が「こう思ったんだよね」、「不安だったんだね」など子供の気持ちを先に言ってみて下さい。

 

意外に子供は自分の言いたい気持ち、表現できない気持ちを自分以外に言って貰う事で気持ちが楽になって、自分の気持のコントロールが少しずつ出来るようになりますよ。

 

泣いたり甘えたりする事が出来るのは自己表現が出来るという事です。

 

子供が気持ちを表現できるように甘えれる環境を作ってあげて下さいね。