育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児放棄と離婚

 

夫婦になったその時から、夫婦には協力義務が生まれます。

 

民法第752条には、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」という規定があります。

 

この協力義務とは言葉通り、夫婦が一緒に生活をしていく中で、お互いが協力しあって生活していくと言う義務です。

 

この中に育児も入っています。

 

家事や育児に関して何もしない事に限度を超した場合は、離婚にまでもつれるケースはたくさんあります。

 

育児放棄は離婚理由として認められますが、夫の育児放棄よりは妻の育児放棄の方が、離婚理由として認められることが多いです。

 

父性は母性より目覚るのが遅いため、離婚せずに結婚生活を続けていれば目覚めるかもしれないと解釈されて、夫の育児放棄で簡単に離婚できないことがあります。

 

ただし、育児放棄により夫婦間の喧嘩が絶えず、子供へ悪影響を及ぼすと認められれば、離婚が成立する可能性があります。

 

とは言え、仮に夫が育児放棄したからと言って、浮気などとは違って慰謝料を取ることは難しいです。

 

例えば、夫の育児放棄が原因で不安障害になるなどした場合は、治療費を請求することができるかもしれません。

 

また、育児放棄をしても配偶者に悪意が無かったら離婚理由にはなりません。

 

例えば、夫が単身赴任などでどうしても育児に参加できない場合は、悪意のある育児放棄とはみなされません。

 

このような仕方がない理由を全て排除した上で、それでも育児放棄をしているなら、離婚理由になります。

 

もし、夫の仕事が忙しい場合や子育ての方法がわからないなどの理由で離婚を考えているのなら、夫と話し合って結婚生活を改善するようにしましょう。

 

言うまでもなく離婚は子供の育児にとって一番マイナスになると言う事を忘れてはいけないと思います。

 

育児放棄する配偶者と一緒に生活していく気持ちがなくなり、子供の為に離婚すると言う親もいますが、子供は離婚しても喜びません。

 

配偶者が子供への愛情が全くなくなり育児放棄する場合は、また別の問題が家庭の中にあると思います。

 

この場合は、結婚生活を続けていくのが、子供にとって一番良いとは言いにくいですね。

 

時には離婚した方が子供や夫婦の為になるケースもあります。

 

また、再婚などをした場合は、配偶者には愛情を示すのに子供には関心がなく育児をしないケースもあります。

 

この場合は自分自身もかまってもらいたいとか、愛情を独り占めしたいなどの気持ちが強い人に多いそうです。

 

この場合は離婚する必要はないと思いますね。

 

育児放棄というより自分を見て欲しいといった反抗のように思います。

 

育児をする事が面倒くさくて育児放棄する配偶者はたくさんいます。

 

特に子供が小さい頃は父親より母親にべったりで、育児をしようと思っても子供が父親を拒否する場合も少なくありませんね。

 

育児をしたくても出来ない場合もあるのです。

 

離婚は法的な手続きをすれば簡単にできますが、育児放棄の内容によっては、離婚が一番の問題解決になるとは思いません。

 

夫婦で協力して育児をしていく事が大切で、お互いが思いやる気持ちを忘れなければ育児放棄もなくなると思います。