育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児放棄と養子縁組

 

養子縁組で養子や養女として子供を向かい入れて育てている親御さんもたくさんいると思います。

 

実の親による育児放棄や虐待などが理由で養子縁組をしている子供は数万人もいるのが現実です。

 

子供は育児放棄や虐待から逃げる事が出来ないのでしょうか?

 

育児放棄や虐待を受けている子供にも幸せになる権利があります。

 

育児放棄された子供も新しい家族や環境を手に入れる事が出来ます。

 

それが養子縁組になります。

 

養子縁組は血縁関係に関係なく実の子と同じ親子関係を結ぶ制度です。

 

育児放棄や虐待など、子供が安心して暮らす事ができない場合は、その親の同意がなくても養子縁組が出来ることになっています。

 

養子縁組や里親制度は、育児放棄や虐待を受けた子供を血縁関係のない夫婦が引き取って自分の子供として育てていく制度ですね。

 

この制度で育児放棄や虐待されて辛い日々を送っていた子供も、安心して新しい環境、新しい親の元で暮らす事が出来ます。

 

養子縁組した子供は新しい親の元で愛情をいっぱい注いでもらって暮らす事が出来ますね。

 

法律では6歳未満の子供の場合は特別養子縁組という制度があり、本当の親との親族関係を抹消して新しい家族と事実上の親子になれます。

 

子供が欲しい別の夫婦が縁組し、戸籍上の親子になる制度で1987年に施行されました。

 

夫婦が家庭裁判所に申し立て、6ヶ月以上の試験養育期間後、家裁の審判で成立します。

 

その後に実父母は親権を失うことになります。

 

この特別養子縁組制度は子供が虐待など受けて家庭や家族に恵まれていない場合、安心できる環境で愛情を注いでもらうことができるように作られました。

 

一般の養子では実親の名前が戸籍に載りますが、特別養子縁組では子供の続柄も長女・次男など本当の子供と同じように記載されるのも嬉しい配慮だと思います。

 

育児放棄や虐待による養子縁組が一人でも少なくなる事を願いたいものです。