育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児放棄の対処法

 

親は育児をするのが当たり前のように思いますが、育児放棄されている子供もいます。

 

育児放棄まではいかないにしても、育児に疲れ果ててしまい子育てを放棄したいと思っている母親は多くいると思います。

 

育児放棄の対処法は、育児ストレスの解消が重要なポイントになってくると思います。

 

妻だけに育児を任せるのではなく、夫が協力をしてを理解してあげる必要があります。

 

夫が育児に協力的でない場合は、子育て中のママをサポートする支援サービスもありますので、住んでいる地域の役所に聞いてみましょう。

 

育児ストレスを溜めないようにするには、第三者との会話もとても大切なことですね。

 

育児放棄の不安がある親御さんは、保健師さんに自宅訪問をしてもらうのも一つの方法です。

 

役場の子育て支援課に相談すれば、保健師さんを紹介してもらえます。

 

第三者に育児の辛さや不安、自分の心の中を話すことで育児ストレスも少なくなってきます。

 

育児サークルなどに出向くことが可能な場合なら、同じ子供を持つ親御さんとの情報交換や育児に関する悩みを話し合うことで、連帯感が生まれ自分だけではないんだという心の余裕が生まれます。

 

保育所や幼稚園などに通っていない赤ちゃんや子供を対象とした子育てサークルやイベントも多くあります。

 

夫に少しの時間でも子供を預けて、自分だけの時間を楽しむことも大切です。

 

育児放棄する親御さんの性格は完璧を求めやすい、内向的な性格の人が多いそうです。

 

完璧な育児ができない場合、その怒りやプレッシャーが子供に対して育児放棄という形になって現れてしまいます。

 

一生懸命、誠心誠意やっているにも関わらず、それに子供が応えてくれないと、次第に可愛いはずの我が子が、可愛いと感じることができなくなって、子供の面倒を見なくなる親もいます。

 

育児を頑張り過ぎないようしていけば育児ストレスも減ります。

 

育児放棄に苦しむ親への支援として、「社会福祉法人子どもの虐待防止センター(CCAP)」が、研修を受けた相談員による電話相談を行っています。

 

育児放棄する前に、このような電話相談を利用して下さいね。