育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイス





育児放棄の原因

 

育児放棄の原因には、子育てのストレスが大きく関わってきます。

 

「赤ちゃんの夜泣きによる睡眠不足。」

 

「育児に手がかかる上に家事や仕事など、自分自身がやらなければならない事がたくさんある。」

 

「配偶者や家族から育児に関する理解が全くない。」

 

「育児や家事・仕事などに追われて自分だけの時間が全く取れない。」

 

「ほとんど子供と二人っきりの生活。」

 

「子育て方法の価値観の違い。」

 

「義理の母が子育てに口出しをする。」

 

このようなことが原因でストレスが溜まり、育児放棄してしまうことがあります。

 

ストレスを発散する場所や方法がなく、ストレスを溜め込んでしまい、育児放棄という方法でストレスを発散するようになるケースもあります。

 

育児放棄しないためには、育児ストレスの解消方法などを配偶者と話し合い、家族などの協力も得ながら子育てをする必要があります。

 

また、育児ストレス以外にも次のような場合に育児放棄してしまうことがあります。

 

「子供から好かれていないと感じる。」

 

「子供を上手くあやせない。」

 

「子供に障害や難病がある。」

 

「周りに相談者や協力者がいない。」

 

「夫婦関係が上手くいっていない。」

 

「望まない妊娠だった。」

 

「親自身が幼いころに虐待を受けていた。」

 

「連れ子での再婚。」

 

「別のことに夢中になって、子供への関心や意識が薄くなった。」

 

「親がうつ病やノイローゼになっている。」

 

このように育児放棄の原因は複数あります。

 

また1つだけではなく、いくつかの原因が複雑に絡み合っている場合も多いのです。

 

子育てをしている親御さんなら誰でも育児放棄する可能性があります。

 

育児放棄は、子供の後々の人格形成にとても大きな影響を与えてしまいます。

 

そのため、育児放棄する前に自治体、民間団体などの無料の電話相談窓口に相談する事が大切です。

 

きっとあなたと子供を救う手立てが見つかるはずです。