育児の悩み解決法|育児で失敗しないアドバイスのTOPに戻る


育児時間と法律


子育てをしている親御さんが仕事をしている場合、育児時間という制度が使えることを知っていますか?

この育児時間とは法律で決められているもので、産後満一歳までの子供の育児をしている女性なら誰でも育児時間を取る事が出来るというものです。

法律で決められている育児時間は勤務時間が始まる前か終わりの時間で、1日の労働時間の中で2時間を越えないように30分単位で取ることが出来ます。

この育児時間をもらう時には会社の人事課などに提出して育児時間をもらいます。

会社は法律で決められている育児時間を産後満一歳までの子供がいる女性から育児時間の請求があった場合、出来ないと言う事は違反になります。

法律上、育児時間は女性のみしかとれませんが、小さい子供を育児する大切な時間として育児時間を取る事が出来ます。

しかし、育児をするために育児短時間勤務など通常勤務より短い勤務時間で働いている場合は、育児時間を取ることが出来ません。

国家公務員の場合は、夫婦どちらも育児時間を取る事が出来ます。

小学校に入るまで育児時間を取る事が出来ると法律で決まっています。

また夫婦で同じ会社に勤めている場合は、同じ時間に育児時間を取ることは法律で決められていません。

夫婦の場合の育児時間の法律は夫婦が違う育児時間の請求で一人30分だそうです。

仕事を持っている親御さんでも育児時間を有効に活用すれば保育園の送り迎えも出来ますね。

育児時間は取れますが、法律で給料の減額も決まっています。

扶養手当や通勤手当、住宅手当てなど会社からでる手当ての減額はありません。

関連コンテンツ

日本男性の育児時間

子育てと聞くと女性のイメージが強いと思います。 日本は特にではないでしょうか? 昔の日本男性は仕事のみで子育てのために育児時間を取るということは少なかったと思います。 私の父親も育児・・・

国家公務員の育児短時間勤務制度とは?

育児を支援する法律の中に、育児短時間勤務制度というものがあります。 これは国家公務員などの職員で小学校入学までの子供がいる場合で、フル勤務が難しい人でも仕事も育児も両立できるようにという制度・・・

国家公務員の育児時間制度

一般の会社員の人の育児時間制度と国家公務員などの職員の育児時間制度は内容が大きく違ってきます。 国家公務員の場合の育児時間制度では、小学校入学までの子供を育児する親御さんが育児時間の取得がで・・・

育児時間と部分休業

職員の仕事をしている人は一般の会社員の人とは育児時間や勤務時間が違いますよね。 職員の仕事をしている親御さんは、子供が小学校にあがるまで部分休業を取る事ができます。 この部分休業は1日・・・

育児時間中の賃金と有給

満一歳未満の子供を持つ母親は育児時間という制度があります。 この制度は勤務時間内の休憩時間以外に育児の為に使える制度で育児時間といいます。 母親だけ育児時間の請求が出来る会社はたくさん・・・

育児時間中の賃金と無給

満一歳未満の子供の育児をしている女性には、子供の育児をするための育児時間を働いている会社に請求して1日2回、1回に30分の育児時間を使う事が労働基準法で決められていますね。 育児時間中に子供・・・

育児時間中の給与

子育てをしている親御さんで満一歳までの子供の育児をしている母親は会社の休憩時間以外に育児時間を取る事ができますね。 この育児時間は労働基準法で決められている制度になります。 育児時間は・・・

就業規則と育児時間

会社に勤めている人、パートなどで働いている人、企業で働く場合、就業規則というものがあると思います。 この就業規則とはさまざまな会社内の基本的なその会社の決まりごとを定めている規則の事をいいます。・・・

育児時間と労働基準法

子育てをしながら仕事をしている女性の心強い法律が、育児時間の法律ではないでしょうか。 産後満一歳までの子供の育児をしている女性は、育児時間として一日を通して、一日2回で一回30分の育児時間を・・・